石狩の造形教育

isikariart.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 14日

2010年6月18日 19日 石狩管内教育研究会図工美術部会の研究会

a012135220090714162137.jpg2010 年6月18日(金)武蔵野美術大学の「旅するムサビ」の授業が江別で行われます。
授業は午前中になる予定です。
19日(土)14時30分より 北広島市の夢プラザで三澤一実先生による理論研修会が開催されます。
[PR]

# by isikariart | 2010-05-14 07:01
2009年 01月 10日

北海道新聞に「いしかりの作品展」紹介記事

a0041960_8301435.jpg
北海道新聞「北広島版」2008年12月25日掲載
[PR]

# by isikariart | 2009-01-10 08:31
2008年 11月 10日

「教育美術」誌で「いしかり北広島大会」の記事掲載

「教育美術誌 2008年12月号」掲載原稿

研究会名 第58回全道造形教育研究大会いしかり北広島大会
テーマ  豊かな心と確かな力を育む造形教育を!
主催者  北海道造形教育連盟 石狩造形教育連盟
期 日  平成20(2008)年7月28日(月)、29日(火)
会 場  北広島市立大曲東小学校・北広島市ふれあい学習センター・大地太陽幼稚園
連絡先  北海道北広島市立若葉小学校 TEL011-373-5665
HP   北海道造形教育連盟(http://hokuzou.kir.jp/
石狩造形教育連盟(http://iart.main.jp/)で検索
執筆者  石狩造形教育連盟事務局長 伝住修一(でんずみ しゅういち)

a0041960_852038.gif 北海道造形教育連盟研究部長の湯浅大吾氏は、本研究大会の役割は、広大な大地北海道で造形教育に携わる多地域・多校種の方々のニーズに応える研究会であり、「図工・美術をどう教えていいのかわからない」「題材設定の理由を本気で考える」「造形教育のもつ教育的な価値や魅力を伝える」という研究課題が図工美術教育支援という観点で貫かれていることに期待を寄せてくれた。
 研究大会を主管する石狩造形教育連盟が取り組んだのは、研究部長の山崎正明氏が中心になり、図工指導に悩む小学校教師、やむを得ず他教科の教師が指導する中学校美術教育の現状に対し、教室で課題を抱える教師のための研究会、造形教育の持つ教育的価値を伝える研究会にすることだった。
 図工美術の授業は、往々にして「よい作品」をつくることが目標になる。問題は「よい作品」とは何かということである。それが理解できないと、教師という大人の側から見た「よい作品」をつくらせるために汲々としてしまう。大事なことは、優れた作品をつくらせることではなく、子どもが活動を通して学び育つことにあり、「図工美術の特色である色と形と材に関わりながら何を育てるか」ということである。本研究大会が、「育みたい力」を明確にし、「心を育てる題材」を提示し、授業、提言を行ったのはそのためである。
 育みたい力は、「関心・意欲・態度」「発想・構想の力」「つくりあげる力」「鑑賞の力」の四観点である。そこに「楽しむ・追求する・つなげる、広げる・深める・見通す、比べる・選び決める・バランスをとる・使う、感じとる・自己理解・他者理解」の十三項目を提示し、「わくわくしてくる」「あ、いいこと考えた」と子どもの言葉を例示した。学習を繰り返す中で育みたい力として、美術教育の目標に照らし厳選した項目である。ぜひ、石狩造形教育連盟のホームページをご覧いただきたい。
 研究大会には、幼稚園、小、中、高と道内外から四百余名の参加があった。図工美術教育への教師達の熱意を感じた研究大会であった。平成二十一年度は上川・旭川大会、「~「いま」「ここで」「つなげる」造形教育を求めて~」を研究主題にして、七月二十八日に旭川市を会場に開催される。
[PR]

# by isikariart | 2008-11-10 08:01
2008年 08月 29日

2008年全道大会を終えて

a0041960_1017273.jpgいしかり北広島大会に多数参加していただき、石狩のメンバー一同本当に大きな喜びを感じています。
 道内だけではなく、本州からの参加もありました。また、はじめて図工の研究に参加された先生、免許外で指導されている中学校の先生の参加もありました。「美術教育支援」ということも重視していただけに、うれしい出来事でした。
 提言や分科会の協議では、当たり前のことかもしれませんが、研究の主題に沿った話し合いがなされたことも、参加者と共につくる研究会という点で、確かな手応えを感じさせてくれました。例えば、研究協議で話し合われている内容が従来の「物語の絵」の指導のあり方になっているので、そうではなく、「何を育みたいのか」で協議しましょう、といった話になったり。研究会の前に、webサイトではもちろんですが、研究説明を日程の最初にさせていただいたこともよかったと思っています。
 ただ、授業では子どもの表情がやや硬いのではないか、という感想も一部いただきました。本時での「育みたい力」は、確かに指導案の通りなのですが、もっと強弱があってよかったかもしれないという反省もあります。またどのクラスも一度もプレ研をしていないということもあるでしょう。これは今後の課題とさせていただきたいと思います。
 さて、参加者のみなさまからいただいた子どもへのメッセージ、これは、何より子どもへの励みや自信にもつながりました。学年だよりや学級だよりにも活用されたりし、保護者へ美術教育の大切さを伝える役割も果たせました。
 提言については、「もう一つの公開授業」ということで、力を入れさせていただきました。Webサイトでは、むしろ提言が中心であったと言っても過言ではないでしょう。事前の打ち合わせ会議やメーリングリストも有効でした。提言者とも共同研究を目指してきましたが、その過程での他地域との連携は刺激になり、研究を活性化させてくれました。
 大会二日目の大橋功さんの講演会やワークショップへの参加は予想を超える参加となり、一部ご迷惑もおかけしましたが、皆様のニーズに応えられたのではないかと手応えを感じております。
 またDVD「かく・つくる・みる」も100部がすぐ完売。図工美術の基礎を学べる研究会の一貫で製作したものですから、これもうれしいことでした。
 最後にこの研究会を通して私たちが変わったこと、それは、授業の中で「育みたい力」をより意識するようになったことです。そして、授業を見る目が変わりました。活発だとか集中しているというよりも「子どもの心や頭の中で何が起きているか」という視点で授業を見るようになったことです。
 ですから授業を語る時、笑顔が多くなりました。それは、その授業を話す先生が子どもの姿を思い浮かべているからです。
この研究会での成果や課題をもとに、日々の授業の充実させていきたいと思います。
 北海道全体でつながりながら、互いに高め合っていきたいです。旭川、函館そして全国大会。
(研究部 山崎正明)
[PR]

# by isikariart | 2008-08-29 10:11
2008年 06月 15日

全道に宣伝

a0041960_1091324.jpg

これは全道の各学校に配布したチラシ。本当は全道の小学校の先生全員に配布しようと思っていましたが、手違いから、半分程度も配布できませんでした。
 実は、今後研究会を開催される地区には是非このような取り組みをしてほしいと思っています。どうでしょう?配布は各地区委員に依頼するということで
[PR]

# by isikariart | 2008-06-15 10:08
2008年 04月 26日

情報発信の中心をブログからwebサイトにしていきます。

2008年7月27日、28日に開催する全道造形教育研究大会の情報発信は現在、下記のサイトが主です。よろしくお願いいたします。
 ☆ 石狩造形教育連盟

a0041960_9144549.jpg

[PR]

# by isikariart | 2008-04-26 09:20
2008年 04月 26日

今後の会議日程

今後の会議等日程です。(予定)
5月1日(木)授業研究 北斗中学校
5月8日(木)授業者会議「16:00〜19:00、夢プラザ」
5月15日(木)授業者会議「時刻、会場未定」
5月27日(木)提言者会議「16:00〜19:00、夢プラザ」
6月12日(木)授業者会議「16:00〜19:00、夢プラザ」
6月19日(木)全体会議(授業者・提言者・司会者・記録者・運営委員・ワークショップ講師・各部員)「16:00〜19:00、夢プラザ」
7月1日(火)全体会議(授業者・提言者・司会者・記録者・運営委員・ワークショップ講師・各部員)「16:30〜19:00、夢プラザ」
7月10日(木)授業者会議「16:00〜19:00、夢プラザ」
7月23日(水)最終打合せ「16:00〜19:00、夢プラザ」
7月27日(日)前日準備「8:00〜12:00、大曲東小学校」(未確定)
[PR]

# by isikariart | 2008-04-26 09:18 | 研究部会
2007年 08月 22日

第1回授業者打ち合わせ

9月4日(火)15:30〜
北広島市西部小学校
参加者 
研究部 山崎・蓑島・平山・川名および授業者
授業の方向性の確認
今後の研究の日程確認(授業関係)
[PR]

# by isikariart | 2007-08-22 22:54
2007年 08月 21日

千歳教育振興会 図工美術部会

第3回授業検討会(小学校)
「石狩管内教育研究会図工美術部会 研究集会」に向けて
8月21日 千歳市立末広小学校 15:30-17:30

*第2回は7月に実施
[PR]

# by isikariart | 2007-08-21 22:57
2007年 06月 18日

6月30日 函館で「トントンギコギコ図工の時間」の野中監督が講演会


6月30日に北海道教育大学函館校で、映画「トントンギコギコ図工の時間」上映会と野中真理子監督の講演会を開催されます。
e0035182_265140.jpg

日時 2007年6月30日(土) 午後1時〜午後3時50分
上映会:午後1時00分〜午後2時45分
講演会:午後2時50分〜午後3時50分

■場所 北海道教育大学函館校 第1講義室(〒040-8567 函館市八幡町1-2)

■対象 本学学生、小・中学校教員、市民の方々どなたでも参加できます。

詳しくは、
北海道教育大学函館校 トントンギコギコ図工の時間の上映会

(山崎、参加します)
[PR]

# by isikariart | 2007-06-18 02:17
2007年 05月 22日

6月5日(火) 第8回 研究部会

  第8回 研究部会
日時  6月5日(火)PM3:00〜
場所   北広島市の「夢プラザ」(ふれあい学習センター)←地図はここをクリック!
参加対象  授業者・提言者(石狩)・司会者(石狩)および事務局
内容  研究内容のプレゼンテーションをもとに研究協議
[PR]

# by isikariart | 2007-05-22 22:56
2007年 05月 20日

5月17日 第7回 研究部会(事務局と合同会議)

5月17日 第7回 研究部会 事務局との合同会議
15:30 北広島市若葉小学校にて(18:30に終了)
《内容》
授業者・提言者・司会者などの確定に向けた取り組み。依頼の確認。
その他ワークショップや記録のことなども確認。
中学校の授業者として山内さんが初参加!
次の研究部会で山崎が研究のプレゼンテーションをすることになりました。
その時に授業者・提言者(石狩管内)・司会者(石狩管内)が研究について意見交流をします。
[PR]

# by isikariart | 2007-05-20 23:58
2007年 04月 29日

北海道造形教育連盟地区委員総会に3名参加

4月28日に開催された 北海道造形教育連盟地区委員総会に安藤先生・伝住先生・山崎の3名が参加しました。安藤先生は総会の議長をされました。(お疲れさまでした)
また同時開催のネットワーク部会には山崎が参加しました。
総会では以下の資料を配布させていただきました。なお大会の主旨説明のプレゼンも数分簡単におこないました。
a0041960_1132132.jpg

[PR]

# by isikariart | 2007-04-29 11:32
2007年 04月 07日

昨年の札幌大会も参考にしましょう

昨年の札幌大会をも参考にしましょう。いくつか写真を公開したいと思います。ただこれを参考にこのようにというのではなく、学びながらよりよいものにしていきたいです。
前例にとらわれることなく、なぜこうするのかという原点を考えていきたいです。
a0041960_14171056.jpg

↑この布は会場の飾りではありません。体育館で行った授業の結果です。

More
[PR]

# by isikariart | 2007-04-07 14:29 | 研究資料
2007年 04月 04日

これからの美術教育を考えるための資料

次期指導要領改定の参考になるのではないかと思います。
もと文部科学省視学官の遠藤友麗先生の資料です。

これからの美術教育を考えるために
[PR]

# by isikariart | 2007-04-04 20:53
2007年 03月 27日

石狩大会の技法DVD

a0041960_1574928.jpg
今年の夏には技法に関するDVDの内容の大まかなものを撮影をし、今年の冬休みには完成というスケジュールで確認しましたが、出来あがりは、こんな感じか、これ以上にしたいと考えています(山崎正明)

なお、DVDの制作は今のところ下記業者さんを考えていますが、できたら本当は北海道の業者さんにお願いしたいと思っています。どなたか、ご存知でしたら教えてください。

日本ビデオサービス

DVD(80円)コピー料金(86円)トールケース(40円)DVD盤面印刷(53円)トールケース印刷(51円) 原価310円

More
[PR]

# by isikariart | 2007-03-27 18:07
2007年 03月 20日

4月19日(木) 第6回 石狩造形教育連盟研究部会

授業者・提言者・助言者・司会者の確定
「育みたい力」の検討

以前12日と、お知らせしていましたが、19日に延期しました。ご了承ください。
[PR]

# by isikariart | 2007-03-20 19:53 | 研究部会
2007年 03月 19日

メールをお持ちでない方へ

 今、美術教育は重要な局面を迎えています。しかしながら、インターネットを活用している人か大都市にお住まいの方以外は最新の情報は得にくい状況です。
これについては意識してインターネットに接続するだけで可能です。
 しかし、連絡や何かで早急のものについてはやはりメールが必要です。
 メールについては、アドレスをお持ちでない方もけっこういらっしゃいます。実際に連絡を取りたくても電話ではうまく接続できない事が多いですし、FAXもかなりの手間がかかります。
 またメールは、電話とは違い、相手の時間を物理的に奪うということはありませんので、おすすめです。
 そこでご自分のアドレスを無料で取得できる方法がありますので、紹介させていただきます。これだと、インターネットに接続できる環境であれば、いつでも、どこでもメールの送受信が可能となります。

 無料でメールアドレスを取得できる方法がありますので、以下に代表的なものを紹介しますので興味のある方はアクセスしてみてください。アクセスして手続きしたらメールでのやりとりが可能になります。

 ☆Yahoo!メール 

研究会でお会いしたあとも交流が続くのはメーリによるやりとりが多いです。
指導案のデータ添付、写真のデータ添付も可能になります。メーリングリストをつくれば会議連絡は簡単になります。文書も添付してしまえます。郵送費も無料。

(山崎正明)
[PR]

# by isikariart | 2007-03-19 22:56
2007年 03月 03日

北広島市の公共施設使用

リンク集に学び舎・楓 Manabaiya-Hooを加えました。
このホームページを見ると、北広島市内の各種公共施設の情報を入手できます。便利なのは「北広島芸術文化ホール」「ふれいあ学習センター夢プラザ」などの現在の利用状況(空室がわかります)がわかることです。
a0041960_8305146.jpg

[PR]

# by isikariart | 2007-03-03 08:39
2007年 03月 01日

3月22日(木) 第5回 石狩造形教育連盟研究部会

会場は研修センター

時間は午後3時から
今回から参加対象を広げ、決定した授業者・石狩管内の提言者にも来ていただく。
主な内容
「育みたい力」の検討・教育課程の交流

《結果》
参加者…墓田委員長・伝住事務局長・平山・山口(初参加)・川名・野口・山崎

《内容》
「育みたい力」は次回に詳しく。教育課程の交流はせず。野口先生が技法DVDに使えそうな参考資料を大量に持参。委員長の出してくれたコーヒーを飲みながらラフな感じで山崎の大会当日用のプレゼンを見て研究内容について検討。山崎が立ちながら司会兼プレゼンで研究部会をすすめる。

★プレゼンを見ての改善点や課題

a0041960_20454924.jpg・時間を決めてのプレゼンが必要。同時に長く感じさるようでは失敗。

・「教師の受信」という言葉が出てくるけれども対になる「発信」は?…気になるともいえるし、そうでないともいえるし、あとで考えていきましょう。

・「題材との出会い」のみ子どもの視点の言葉。ちょっと気になる。→この構造図は教師の側の「授業づくり」の視点。となると「題材提示?」といいう言葉?うーん、当たり前すぎる。石教研の過去の研究で「題材との出会い」ということで研究してきた経過もあるし…何か良い言葉はないかなあ。

・「心を育てる題材」と聞いたとき、普通の題材ではなく、なんだか特別の題材をやらなければいけいないのかなという感じを与えてしまう。難しいと感じさせてしまう→今回の研究では教科書題材でいいのだけれど、そこを心を育てるように題材化するということも含めて説明しないといけない。例えば同じ自画像やっても育つものが違うということをプレゼンの中で示す必要がある。これは画像で説明できる。福本謹一先生(兵庫教育大学教授)のよい資料もある。→「技術じゃなく美術」って大事。

a0041960_21201696.jpg・公開授業前にやるプレゼンだから授業や提言の簡単な紹介をし、そこで見てほしいポイントを示すといい。これはとても大事!

・育みたい力についてはもっと吟味が必要だろう。また発達特性に深入りし過ぎないほうがよいかも。
 例えばバランスとか、知識理解とか。知識理解は思い切って省いてもよいかもしれない。ただ、指導要領改訂でどうなるか?

・「育みたい力」の説明は一部の紹介でもよいのでは?あとは手元の資料をご覧下さいという方法もある。→(山崎から)ここは今のところどうしても全て説明したい。研究の大事な部分だし、参加者にわかってもらいたいので。今回のプレゼンはまだまだ文字が多いので、映像で説明するようにしてみるので、そのあと判断を。ただし、それでも長いと感じたらバッサリ削ることも有り得る。プレゼンは今後もどんどん改善していく。最終的に別ものになることもある。

a0041960_211684.jpg・研究会では「評価」の問題も出てくるだろう→育みたい力で説明する。ただし「絵の評価」つまり「子どもの絵をどうとらえるか」は参加者も知りたいところだろう→ワークショップでギャラリートークをしてはどうだろう?その疑問が出たら「是非ワークショップへ」と宣伝しましょう。

・プレゼンはわかりやすく、かっこいいものにしたい。話さないで画面だけの部分もあってよいかもしれない。

・大会当日は、今日の会議みたいに素朴な疑問が出て、それを参加者で考えていくなんて感じになるといいなあ。

・みんなの悩みに答えていける研究会にしたい。

・今回初参加の山口先生から研究部でこれはわかりやすいはずと思ってすすめてきたものが「わかりにくい」と言われドキリとしつつも、やはり多くの視点で話しあっていってこそとよい研究になる。思い込みはこわい。おかげで短時間でも深まりのある話しあいができた。

a0041960_2173422.jpg・提言者・司会者・授業者・記録など決めなければならないものが多数あることを確認。4月12 19日は決めましょう。

・ワークショップではギャラリートークをすることになるかな。これ、参加者にはけっこういいかもしれない。

・大曲東小学校で授業をしていただく場合、研究部の全面的な支援で公開授業をしていくことを確認。それでこその共同研究。このあたりのニュアンスは委員長と事務局長でお話していただく。(よろしくお願いします)

・どういう視点で授業を見るのか、どのように授業を構築しているのかがプレゼンの中で明確になるといい。

・この部会は遠慮せずに意見交流ができる雰囲気がとてもいいなあと思います(平山先生より)
[PR]

# by isikariart | 2007-03-01 22:41